トップ » Vol.21 » 卒業生登場 ある世代の肖像 1978年入学生3人が語る

Accumu Vol.21

卒業生登場 ある世代の肖像 1978年入学生3人が語る

50年に及ぶKCGの歴史で,送り出した卒業生は4万人を超える。まさに多士済々とも言える人材の宝庫だ。1963年の創立以来,産業のIT化は進み,それに伴って卒業生の活躍のフィールドは広がる一方。IT産業を中心として,様々な業界に雄飛している。

1978年

希望ヶ丘文化公園の春のハイキングにて
希望ヶ丘文化公園の春のハイキングにて
前から2 列目,左から2 人目の眼鏡の男性が植田さん,
右から2 人目の長そでTシャツの男性が大月さん。
後列左から3 人目のサングラスの男性が西久保さん。
後列右から4 人目の両手を挙げている男性が前田勉先生。

2012年

卒業から30年以上を経て,同級生の絆はいまだに深い。こうしてしばしば酒を酌み交わし,語りあう。
卒業から30年以上を経て,同級生の絆はいまだに深い。
こうしてしばしば酒を酌み交わし,語りあう。
(右端が大月さん,右から3人目が西久保さん,
左から2人目が前田勉先生)


1960年代,70年代はコンピュータの黎明期であり,企業においてすらコンピュータの普及はまだまだこれから,という時代だった。その時代のKCGの卒業生は希少な専門知識を持つスペシャリストとして企業に受け入れられた。そしてオフィスのIT化の先頭に立った人も多い。

今回は50周年を記念して,大先輩お三方のお話をうかがった。お三方は1978年に入学され,KCG京都駅前校教頭の前田勉先生の同級生にあたる。ある一つの世代の目に映った草創期の京都コンピュータ学院の姿,またその後の社会での活躍を通じ,半世紀の歴史に思いをはせていただければ幸いだ。