トップ » 最新号・Vol.22-23 » ANIA会長に本学の長谷川統括理事長が就任

Accumu 最新号・Vol.22-23

ANIA会長に本学の長谷川統括理事長が就任

一般社団法人全国地域情報産業団体連合会(ANIA)の2013年度理事会と総会

一般社団法人全国地域情報産業団体連合会(ANIA)の2013年度理事会と総会において,京都情報大学院大学(KCGI)・京都コンピュータ学院(KCG)の長谷川亘統括理事長が会長に選任された。任期は2015年の総会までの2年間。

長谷川新会長は,2007年10月より理事,2011年7月より副会長を務めていた。また現在,京都府認可一般社団法人京都府情報産業協会(京情協)の会長でもある。

ANIAは全国各地の情報通信産業団体の正会員と中央の特別会員団体,そして賛助会員企業から構成され,地域の情報通信産業の発展のため,また情報通信インフラの整備や未来の社会づくりのための活動を行っている。地方の末端の企業数は2000社を数える連合会組織。

あいさつ

一般社団法人全国地域情報産業団体連合会 会長 長谷川 亘

一般社団法人全国地域情報産業団体連合会(ANIA)は,地域の情報通信産業の発展や,情報通信インフラの整備,そして未来の社会づくりのための活動を主目的としています。本会は全国の情報通信産業団体の正会員と中央の特別会員団体,そして賛助会員企業から構成されており,会員企業数約2,000社を数える連合会組織です。

国内の各都道府県には,首都圏と比すると大きな格差や,地域特性があります。また,一言で情報産業,ICT関連産業と言っても,その職種や業務内容,事業規模も多種多様ですから,それに地域特性による差異を加味すると,決して均質な業界とは言えません。

各都道府県における自治体と業界との関係式を知り,それを応用して自協会や自企業に役立てることや,首都圏での事例を知り,その応用を考えるために,その手段をご提供するのが本協会の第一の使命であると考えております。

産官学民の合同や連携という言葉はもはや一般的になりましたが,実際の効果や結果は,都道府県によって様々です。さらにはオフショア開発などで海外他国との関係もますます深まっていきます。それら含めて,あるべき理想の姿をしっかりと見据え,今後の展開を皆様とともに検討を重ね,我が国の情報産業全体の発展に寄与したいと考えております。

皆様にはご指導ご鞭撻の程をお願い申し上げます。

一般社団法人全国地域情報産業団体連合会 会長 長谷川 亘

一般社団法人全国地域情報産業団体連合会 http://www.ania.jp/