トップ » 最新号・Vol.26-27 » 京都コンピュータ学院創立55周年・京都情報大学院大学創立15周年 » 祝辞 エリトリア国特命全権大使
アフォルキ・ハイレ・エスティファノス閣下

Accumu 京都コンピュータ学院創立55周年・京都情報大学院大学創立15周年

祝辞 エリトリア国特命全権大使
アフォルキ・ハイレ・エスティファノス閣下

2018年11月1日

エリトリア国特命全権大使
アフォルキ・ハイレ・エスティファノス閣下

エリトリア国特命全権大使アフォルキ・ハイレ・エスティファノス閣下

President, Yasuko Hasegawa Kyoto Computer Gakuin (KCG)
CEO of KCG Group, Mr. Wataru Hasegawa
Head of Trustees, Mr. Akira Hasegawa
Honorable participants
Ladies and Gentlemen

First of all, let me express my appreciation and gratitude for the kind hospitality and invitation extended to me to participate in the 55th Anniversary of Kyoto Computer Gakuin and 15th Anniversary of The Kyoto College of Graduate Studies for Informatics. My name is Estifanos Afeworki; I am the Ambassador of the State of Eritrea and Dean of the African Diplomatic Corps here in Japan. It is a great honor for me to be here among you today to celebrate the pioneer spirit and achievements made by your esteemed schools.

This is my second time, to be here. I was here before 10 years in 2008. The relationship of collaboration that began in 2007 between the Ministry of Education of the State of Eritrea and Your esteemed institutions didn’t succeed to get the expected traction since then due to the no-peace and no-war situation that prevailed between Eritrea and Ethiopia for the past 10 years. It is with great pleasure for all of us today when I announce to all participants here that the new political leadership in Ethiopia finally accepted the international rule of law decided by The Hague Court of Arbitration in 2002. As a result, a new chapter of history has unfolded in the Horn of Africa, Nile Basin, and Middle East. Peace, stability, prosperity and cooperation have become the order of the day in our region now. It is my strong belief that the cooperation that we started together can continue with no impediments now.

Information technology is bread and butter of our current livelihood. Japan has much to offer to Africa and my country Eritrea on this area of collaboration. Therefore, let me take this opportunity to call you’re your esteemed educators and school of pioneers in this field, for mutual win-win partnerships with Africa and my country Eritrea. Last but not least, on this auspicious day, congratulations and thank you!

邦訳

まずはじめに,京都コンピュータ学院創立55周年および京都情報大学院大学創立15周年のお祝いの席に招待いただき,感謝の意を述べたいと思います。私はエリトリア国大使のエスティファノス・アフォルキと申します。在日アフリカ外交団長も拝任しております。本日,皆様と共に貴学のパイオニアスピリットとこれまでに達成された偉業をお祝いできることを光栄に存じます。

私が貴学のお祝いの席にお招きいただいたのは,10年前の2008年以来,2回目です。貴学との協力関係は,2007年にエリトリア国教育省との間で始まりました。しかしながら,エリトリアとエチオピアの間で起こった10年間にわたる非平和・非戦争状態(ノーピース・ノーウォー)のため,貴学との協力関係を発展させることが困難な状況にありました。喜ばしいことに,エチオピアの新しい指導者は,2002年にハーグの仲裁裁判所で決められた国際ルールを受け入れる決定をいたしました。これによって,「アフリカの角」と呼ばれる地域,ナイル盆地,そして中東において,歴史の新章が始まりました。今日,我々の地域においてはようやく平和,安定,繁栄と協力が正常化されました。私たちが共に始めた協力関係は今では何の支障もなく継続できると強く信じております。

情報技術は,現在の私たちの生活においてはパンとバターのようなものです。日本は,アフリカやわがエリトリア国に対し,この分野において多大な貢献をされてきました。この場をお借りして,情報教育のパイオニアである貴学そして教員の皆様に,アフリカおよびエリトリア国とのWin-Winのパートナーシップを築いていくことを呼びかけたいと考えております。

最後に,いま一度,この佳き日にお祝いの言葉を申しあげたいと思います。おめでとうございます

エリトリア国特命全権大使アフォルキ・ハイレ・エスティファノス閣下