トップ » 最新号・Vol.22-23 » 「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」共催

Accumu 最新号・Vol.22-23

「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」共催

京まふを共催,KCGブースに人の輪!関連イベントも盛況

京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学(KCGグループ)が共催する「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2013」(同実行委員会・京都市主催)が9月7日(土),8日(日)の両日,京都市勧業館(みやこめっせ)で開かれた。各種イベントが開催されたほか,出展ゾーン,キャラ食ゾーン,物販ゾーン,商談ゾーンなどが設けられ,全国各地から訪れたマンガ・アニメファンが長い列を作った。共催したKCGグループは,「京都マンガ・アニメ学会」の設立式典,記念フォーラム(7日)などの関連イベントを開催し,盛り上げに一役買った。

京都で初のCLAMP原画展


CLAMPの原画を食い入るように見つめる来場者たち
=KCG I 京都駅前サテライト

9月6日〜8日,「CLAMP京都原画展」を京都情報大学院大学京都駅前サテライトで開催した。デビューから24年,多彩な才能を発揮し続ける人気マンガ家集団CLAMPの,『魔法騎士レイアース』や『カードキャプターさくら』など,誰もが夢中になった懐かしい作品から,連載中の『ドラッグ&ドロップ』(角川書店・ヤングエース),『xxxHOLiC・戻』(講談社・ヤングマガジン)まで,多くの原画が並んだ。CLAMPの原画展が京都で開かれるのは初めてのことで,期間中,会場は大勢のファンでにぎわった。

ソーシャルゲーム『カードキャプターさくら〜さくらと不思議なカード〜』や,マガジンハウス「an・an」に連載中の辻村深月作『ハケンアニメ!』の挿絵など,原画展初公開のイラストも多く,ファンにとっては垂涎もの。関連グッズの販売コーナーもあり,訪れた人たちは原画展を見た記念に買い求めていた。

人気アニメW上映会,声優登場にファン大歓声!

人気アニメ『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』のW上映会が9月8日,京都コンピュータ学院京都駅前校大ホールで開かれた。原作はいずれもCLAMP。20年近く前から愛され続けている作品とあって,幅広い世代のファンが訪れ,ホールを埋めつくした。声優のゲスト出演もあり,会場は大いに盛り上がった。

『魔法騎士レイアース』は,1993年11月に「なかよし」にて連載開始し,翌年からTVアニメーションが始まった作品。この日はTVアニメの第19話,第48話と,OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)第1話が上映された。途中,主題歌を歌う田村直美さんがスペシャルゲストとして登場し,生の歌声を披露。作品に出演している声優の椎名へきるさん(獅堂光役),緒方恵美さん(エメロード役),小杉十郎太さん(ランティス役)が,制作・撮影当時の思い出をテーマにミニトークショーを繰り広げ,訪れたファンは大興奮。大きな拍手を送っていた。

『カードキャプターさくら』は,1996年6月に「なかよし」にて連載を開始し,1998年にTVアニメーションの放送が始まった作品。この日は『劇場版カードキャプターさくら』が上映された。上映後には丹下桜さん(木之本桜役),岩男潤子さん(大道寺知世役),くまいもとこさん(李小狼役)が登場し,京都への思いなどトークに花を咲かせた。

KCGブースでプロのペインティングを間近に

「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2013」のみやこめっせ会場3階に設けられた出展ゾーンに,KCGグループはブースを構え,イラストレーターによるコラボパフォーマンス「ライブペインティング」を開催した。「京都×IT×マンガ・アニメ(キャラ)」をテーマに,イラストレーターの弘司さんが壁面に手描きで,一方,藤ちょこさんはパソコンにペンタブで絵を描くパフォーマンスを披露。プロのペインティングが間近に見られるとあって,KCGブースには大きな人の輪が出来上がっていた。

デジタルとアナログの融合により完成した2人の絵を,イベントの最後に合体させた。完成したイラストは,スカーフや八ツ橋,クッキーのパッケージデザインなどに使用し,商品化する計画。パフォーマンスの他にもKCGブースではオリジナルキャラクター「きょこたん」が飾られたり,コスプレ姿のスタッフが登場したりするなど華やかな雰囲気で,訪れた人の足を止めていた。


京まふのKCGブース=みやこめっせ

弘司さん(奥)と藤ちょこさん(手前)によるラ
イブペインティング=みやこめっせ

「京都版トキワ荘事業」の一環として開かれたデジタル作画講座=KCG I 京都駅前サテライト

アニソンに熱狂!学生主催のカラオケ大会


アニソンで盛り上がるカラオケ大会の参加者たち
=京都市中京区のカラオケボックス

9月7日夜,京都コンピュータ学院11月祭実行委員会の学生たちが企画した,京まふ関連イベントのアニソンカラオケ大会「〜君が歌い,僕らは熱狂する〜」が,京都市中京区のシダックス京都河原町三条クラブで開催された。アニメソングを楽しむとともに,豪華ゲストのトークと歌で盛り上がった。

来場者が自慢のアニメソングをカラオケで歌い,『機動戦士ガンダム00』『鋼の錬金術師』などで知られるアニメ監督の水島精二氏,アキバ文化のリーディングカンパニー・株式会社虎の穴の吉田博高代表取締役社長,ヲタクアイドルプロデューサの渋沢生悟氏(NC2 Lab LLC.所長)が審査。司会進行は,タレントのはりけ〜んず前田登さんが務め,ユニークなトークで会場を笑いに包んだ。

カラオケ大会の後は,ゲストのLOLI.COMさん,なゆごろうさん,じゅん☆じゅんさんが歌を披露し,盛り上がりは最高潮に達した。