トップ » 最新号・Vol.25 » ニュースこの1年「KCG365」 » 描いた絵と一緒に写真撮ったよ!京都水族館のKCGイベント人気

Accumu ニュースこの1年「KCG365」

描いた絵と一緒に写真撮ったよ!京都水族館のKCGイベント人気

大勢の親子連れでにぎわうKCG協力の「描いて撮って! お絵描きワークショップ」。京都国立博物館に展示している文化財を表現した大型モザイクアート作品も展示されています=7月8日,京都水族館「交流プラザ」
大勢の親子連れでにぎわうKCG協力の「描いて撮って! お絵描きワークショップ」。
京都国立博物館に展示している文化財を表現した大型モザイクアート作品も展示されています=7月8日,京都水族館「交流プラザ」

KCGグループは,7月から京都水族館(京都市下京区)と京都国立博物館(同市東山区)が連携して開催している「すいぞくかんとはくぶつかん」のイベント「描いて撮って! お絵描きワークショップ」に協力した。KCGの学生スタッフや教員たちが,会場の同水族館「交流プラザ」で,子どもたちが描いた魚の絵を最先端のIT(情報技術)を駆使してオリジナルのフレームに載せ壁面に投影し,記念撮影してもらう内容で,連日大勢の親子連れらが訪れ,夏の思い出としてカメラに収めていた。イベントは9月3日までで,週1日,土曜または日曜に開催した。

「描いて撮って! お絵描きワークショップ」ではそのほか,事前募集により全国の子どもたちから寄せられたニホンイシガメ,コイ,イセエビ,ハマグリ,タコの絵をKCGスタッフがモザイク化し,京都国立博物館に展示している文化財を表現した大型アート作品7点を展示。パネル1枚あたり延べ1万作品で,これもKCGの最先端技術が活かされた。

「すいぞくかんとはくぶつかん」は,京都国立博物館で展示される作品に登場するいきものと,京都水族館で遊泳するいきものの姿を見合わせて,子どもたちに作品の背景についても学んでもらうのが目的。KCGが実施するワークショップのほかにも,さまざまなイベントが開催された。